Frontside nosespin


【ピボット180をします】

後足を軸として同様のプレストリックも可能です。こちら側のスピンは上半身と下半身のひねりを利用せず、はじめのピボット180の勢いで回転力が規定されます。終始同じ姿勢でスピンするのでスタイルは出しやすいかもしれません。まず、前足を軸にして180を行います。通常のオープンサイド180と異なり、肩のラインも腰のラインと一緒に回転させます。こうすることでアウト時の回転力がつきます。

【姿勢を維持します】

プレスのフォームにしたら姿勢を維持します。フロントサイドのノーズスピンは、テールスピンの様に上半身で"こぐ"ことがてきません。軸足裏の微妙な重心移動で回転力を維持します。はじめは、リフト乗り場等完全にフラットなバーンで練習すると感覚が掴み易いと思います。又、雪質は固めのバーンの方がメイクしやすいと思います。スノーボードの回転力が落ちてきたら、180や360で返して"流して"ゆくのがよいと思います。

SPONSORED LINKS



INDEX > TRICK > Frontside nosespin


TO PAGE TOP

COPYRIGHT (C) R19 ALL RIGHTS RESERVED.